夢幻崩界.net

夢幻崩界イヴリースは人類の夢なんだよ

イビルツインについて、お話しします

※最初駄文なので飛ばしてどうぞ

 

 

 

「イビルツイン」について

お話しします

 

みんな

「イビルツイン」って

知ってるかな?

 

「イビルツイン」というのはね

たとえば

キスキルのドローと

リィラの破壊が継続的にできると

気持ちがいいとか

 

あるいは

トロイメアで連続除去して

ハンド効果できると

気持ちがいい

といったことを

「イビルツイン」と言うんだ

 

よい子のみんなの

環境デッキは

パワーが

高いんだよ

 

そして

みんなの環境デッキと「イビルツイン」

どちらの方が

上かな?

 

もちろん

(罠ビの癖して誘発ケアや詰み防止に魔法多くなって勅命で自滅するし、強い永続罠手違いしか入らんし、アクセスには行きづらく決め手が少ないし、なまじ展開するためニビルやミドラで壊滅するし、金満は積めないイビルツインよりも)みんなの環境デッキの方が強いから

上だよね?

 

「イビルツイン」ばかり

使っているとね

その人は

下の世界に

生まれ変わるんだって

 

イヤだねぇ

 

 

今、環境デッキを握っているよい子は

「イビルツイン」を使わないようにしようね

 

今、「イビルツイン」を使っているよい子

やめようね!

そして

カード、対戦相手

みんなを大事にして

生きようね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:OVERDRIVE:20210216162307j:image

茶番はさておき、イビルツインについて思うことを書いていきます。

前回の記事ではJKツインとかいうイカれたデッキを使ってましたが、あれは先行型JKの派生だと考えているので今回とは話が違います。

 

まず先に話しておきますが、私のイビルツインは罠型です。

 

f:id:OVERDRIVE:20210216142608j:image

マッチ戦はこればっか使ってます。CSベスト8×4でイキり散らかしているアホとの対戦や、身内で大会行ってる人たちとの対戦ではこれを使用します。

ちなみに私は罠コードも持っています。なんでそっちを使わない?

 

今回は罠型イビルツインの紹介です。

『デコード・トーカー・ヒートソウル』や『スプラッシュ・メイジ』の入ったサイバース型イビルツインではないので、ご了承ください。

そして、これは他のイビルツイン使いの意見を参考にせず独自に考えたものであり、周りのプレイヤーから聞いたことは汎用カードの知識ばかり、かつ私はそこまで強いプレイヤーではなく発言に信憑性がやや欠けることは理解しておいてください。

 

採用カードについて

f:id:OVERDRIVE:20210216143134j:image

夢幻崩界イヴリースについては趣味です。

私はイヴリース中毒者であり、これが3枚入ってないと引けず、マッチのうちで1度は使わないと勝った実感を得られないため入っています。

といってもイヴリースは後述するリンクモンスターを蘇生したり、クルヌギアスに繋ぎやすいので完全に趣味というわけではないです。

ただ3はやりすぎです、私みたいな中毒者でない限りはやめましょう。

リンクモンスターを理解していただかないと説明できないのでまた後ほど。

 

Live☆Twin キスキル&Live☆Twin リィラ


f:id:OVERDRIVE:20210216143343j:image

f:id:OVERDRIVE:20210216143347j:image

初動です。

2枚がほぼ同じ効果を持っているので実質初動が倍なのは素晴らしいですね。

絶対に引きたいし引かねば死なので3積み以外あり得ないです。

キスキルからリィラを呼んだ場合は、リンクキスキルを先に、リィラからキスキルを呼んだ場合はリンクリィラを先に出すとリンク体へのうさぎをケアできます。

どうでもいいか。

余談ですが、私はライブツインの二人よりイビルツインの二人の方がえっちで好きです!世のオタクはライブツイン派が多く、絵描きもそればっか描くんですよね、これがわからない。

是非ライブツインがイビルツインより人気な理由を教えてほしい!戦争だ戦争!僕の戦争

 

誘発の連中


f:id:OVERDRIVE:20210216143844j:image

f:id:OVERDRIVE:20210216143835j:image

f:id:OVERDRIVE:20210216143839j:image

f:id:OVERDRIVE:20210216143832j:image

うららは3です。

デッキに触る奴を許すな。

抹殺もしたいですね。

 

増殖するGは2です。

展開系対面じゃないと腐るのがデカいです。

が、抹殺したいので2です。

2枚初手に来た時は死にましょう。

 

わらしは1です。

天底の使徒やバンαが墓地干渉のため打てる範囲はやや広くなりつつありますが、それでも狭いので1です。

スカルマイスターがありますし。

ただ墓穴とか言ってきたボケカスうんちに対して打てるので私は1枚メインに積みたいです。

 

ガンマは2です。

イビルツインはどうあがいてもモンスターから動きますし、キスキルとリィラ出す前にガンマドライバーがいると邪魔なので噛み合いがものすごく悪いのですが、割り切りです。

誘発を増やすのと、最近はやってやがるから抹殺するために2です。

3でもいいですが、自分ターンにハンドにあると少し面倒だと感じるので2にしてます。

 

 

デッキにいてほしい人

f:id:OVERDRIVE:20210216144413j:image

オメェはハンドにくんな。

 

と言いたいところですが、キスキルリィラ展開が通ったあとはそうとも言い難いんですよね。

後述する制約のせいでアクセスコードが出にくく、打点不足なこのデッキにおいて2500は貴重です。

しかもキスキルとリィラのどちらかを生贄にすることでそれらを蘇生からの固有効果に繋げるのも評価できるところです。

でも基本的にハンドにくんな。

 

 

 

ライブツイン関連の魔法カード


f:id:OVERDRIVE:20210216144756j:image

f:id:OVERDRIVE:20210216144759j:image

ここは正直意見が分かれると思います。

シークレット・パスフレーズはライブツインだけでなくイビルツインの魔法罠にもアクセスできるので3です。

Live☆Twin エントランスに関してですが、私は1です。何故ならコストを払う上に制約が重いから。

エントランスに打たれるうららはめちゃくちゃ重いのでやめてほしいです。ガンマは打てますがデッキから出したキスキルorリィラが効果打てず死にます。

ただ、一度使用した後デッキに残っておらず、後で引いたパスフレーズが腐りがちなことを考えると2入れてもいいかなと思います。

初動が10でもマッチ中一度も初動を引けない人間としては、極力多い方が良いとは思います。

制約とコストが無ければなぁ…

 

 

指名者シリーズ


f:id:OVERDRIVE:20210216145228j:image

f:id:OVERDRIVE:20210216145225j:image

誘発ケア兼妨害枠。

イビルツインは灰流うららと増殖するGとPSYフレームギアγ全てが重いので抹殺まで入れる必要があります。

うららとガンマに関しては、エントランスがあると通常召喚したキスキルやリィラが止められても展開できはします。

そうなるとエントランスは…うーん。

ちなみに、抹殺の指名者でハーピィの羽根箒を除外して羽根ケアをすることも可能です。

私は2戦目以降は抹殺で羽根とライストを対策してます。

抹殺で全てを解決しにいこうとするな。

 

 

スケープ・ゴート

f:id:OVERDRIVE:20210216145530j:image

単純にモンスター増えるの強いのと壁になりうるから採用です。リブート下でも打てます。

ただし、これをする場合イビルツイン展開を一時的に捨てなければなりません。

相手ターンのキスキルリィラの蘇生ができなくなるので、スケゴがある場合キスキルでドローした後の最後はライゴウに変えることを推奨します。

イヴリースまたはライブツインがハンドに残っていれば、スケープゴートトークンを利用して再びキスキルリィラ展開を始めることができます。

初動が引けなかった場合でもある程度耐えてくれるんで割と役立つ1枚。

 

 

 

イビルツイン罠カード


f:id:OVERDRIVE:20210216150037j:image

f:id:OVERDRIVE:20210216145956j:image

パスフレーズのサーチ先として選択が可能な罠です。

Evil★Twin プレゼントは、セットカードのバウンスと強制転移のどちらか一つから選ぶ罠カード。

注意すべき点は、キスキルとリィラどちらも盤面に必要なこと。

ただ、これでロック盤面を崩すことができなくもないのであると助かるし1枚入ってます。

キスキルリィラのリクルートは使えるが相手モンスターの効果によってリンクできないとき(例えばミドラーシュいるときなど)、次のターンその制圧モンスターを奪ってこっちのキスキルかリィラを渡すことができます。理想なので出来ることは少ないです…

Evil★Twin イージーゲームは、打点倍化と破壊無効効果を持つ永続罠。

こちらは効果の発動コストにキスキルかリィラを要求します。

打点アップの方はライフカットが若干早くなるのと、能動的にキスキルorリィラを墓地に送り蘇生からの固有効果に繋がるため割と助かる効果ですね。

破壊無効は、罠型デッキにおいて致命的なハーピィの羽根箒やライトニングストームから他のカードを守れるので強いです。その際にもリンク体が墓地に行くので蘇生へと繋げられます。

ただ、どちらも初動ない時に素引きすると虚無ります。サーチできるので1にしましょう。

Evil★Twinチャレンジ?知らなーい(採用検討はしました)

 

 

妨害罠


f:id:OVERDRIVE:20210216150850j:image

f:id:OVERDRIVE:20210216150847j:image

f:id:OVERDRIVE:20210216150854j:image

f:id:OVERDRIVE:20210216150844j:image

神罠isGOD(直球)

罠型なので神罠は入ります。強いです。

イビルツインのデッキ内に○○を無効にする系のカードはイージーゲームしか存在しないのでありがたい!

勅命は自滅の可能性を孕んでますが、使えなくて困るのはスケープゴートパスフレーズくらいなので致命傷ではないことが多いです。

手違いも同じ理由で採用です。このデッキ、サーチを行うカードはメインデッキにはパスフレーズ以外になく、エクストラ含めても少ないので採用です。どのデッキもサーチは多いので入れ得な気はします。これ使った時のドライトロン使いの顔面白くて好き。

 

 

 

 

EXデッキのカード


f:id:OVERDRIVE:20210216151237j:image

f:id:OVERDRIVE:20210216151233j:image

Evil★Twin キスキルEvil★Twin リィラ

前置きがかなり長くなりましたが、このデッキの核となるカードです。

キスキルがリィラを呼び、リィラがキスキルを呼ぶ。その際相方がいればドローや破壊ができます。選んで蘇生なので墓穴やD.D.クロウを食らってもあわてず他のキスキルやリィラを出しましょう。ライブツインを蘇生しても次のリンク召喚には繋げますし。

ただし蘇生効果を使うと悪魔族しかEXデッキから出せなくなるので注意が必要。

基本的にはこのどちらかを残しながらトロイメアを出し、蘇生効果に繋いでドローや除去を継続的に行いアドバンテージをちまちま稼ぐのがこのデッキのメイン戦術です。

ヒートソウルの劣化とかいうなよ、こっちにはライフコストもないし場合によっては除去もできるんだからな!!

2体が揃った状態でハンドに通常召喚可能なモンスターがいれば、3枚除去が可能です。

 

キスキルorリィラとハンドのモンスターを素材にトロイメアフェニックスorケルベロスを召喚(1除去、相互してるので1ドロー)

残った方の効果で相方を蘇生し、今効果を使った方とトロイメアでユニコーンを召喚(2除去、相互してるのでさらにドロー)

最後に相方を蘇生して盤面にはキスキルとユニコーンとリィラ、この展開中にキスキルとリィラの固有効果が使えるので1ドローと1破壊が可能(これで3除去)

途中ユニコーンを召喚するところでフェニックスかケルベロスの召喚していない方を出すことも可能。そうした場合最後に残ったトロイメアとキスキルかリィラを素材にユニコーンを出し4除去も可能。

リィラが墓地にいてキスキルが残っていれば妨害も残すことができます。

 

これだけ見ると強い。

 

ただ、この二人の残し方だったり蘇生のタイミングの見極めがかなり難しいです。

基本的には先攻でスケープゴート等を持ってない場合、キスキル→リィラ→キスキルといった順にリンク召喚します。場にキスキルを残して相手ターンでのリィラ蘇生を狙うからです。

エクストラ消費は重いですがこうでもしないと0妨害なんでダメです。

リィラの破壊とその他誘発や妨害罠でなんとか次のターンを凌がねばなりません。これが難しい。

激ムズデッキです、好きじゃない人は握るのはやめようね!

 

イヴリースが入っている場合

イヴリースを召喚しキスキルかリィラを蘇生し、イビルツイン蘇生からドローや除去の流れを再始動させることができます。また、リンク数も増えます。初手に来ることさえなければイヴリース強い…

 

 

トロイメアたち


f:id:OVERDRIVE:20210216152451j:image

f:id:OVERDRIVE:20210216152448j:image

f:id:OVERDRIVE:20210216152440j:image

f:id:OVERDRIVE:20210216152444j:image

除去要員です。

イビルツインの蘇生効果を使うと悪魔族縛りがつきますが、こいつらは強くて悪魔族なので特に困りません。

また、このデッキはキスキルとリィラのリンクマーカーの性質上相互リンクが作りやすいので、ハンド交換を継続して行い手札の質を高められるのも良いポイント。(このリンクマーカーの向きはイヴリースの蘇生効果にも対応しているのでとても便利)

耐性付与も以外と便利です、特にフェニックスの戦闘破壊耐性は打点の低いイビルツインにとってありがたい。

グリフォンのみ除去を持っていませんが、罠型なので神罠を回収しつつ1ドローできます。強い。

 

 

他の悪魔族リンクモンスター


f:id:OVERDRIVE:20210216153320j:image

f:id:OVERDRIVE:20210216153304j:image

ライゴウはエンドフェイズに必ず1枚割れる除去持ちなのでかなり強いです。

また、神の通告や神の宣告を使用した際にも破壊が生じるので連鎖して破壊することが可能です。

打点も高く、優秀なわんこです。

閉ザサレシ世界ノ冥神(打つのだるいからクルヌギアス)はリンク5かつ効果モンスター4体を要求しますが、相手のモンスター1体を吸えるので実質リンク4、ヴァレルロードのような感覚で使えます。

このカードは全体無効や対象とらない効果への耐性がありますが、メインは蘇生無効とリンク召喚です。

このカードをリンク召喚するだけで相手モンスターを無条件に除去できるのはデカいです。効果を受けないアルティメットファルコンとかも怖くないです。

ただ、イビルツインにおいて3体の効果モンスターを使用する場合は盤面からキスキルとリィラが消える場合が多いので出番は少なめ。

イヴリースがいる場合、もう一体のリンクイビルツインを蘇生することで、イヴリースと蘇生したイビルツインと、場に既にいたイビルツインで3体揃うので出しやすいです。

また、スケープゴートからリンクリボーなどをリンク召喚して効果モンスターを揃え出すことも選択肢の一つでしょう。

あと蘇生無効は単純に強い。

 

 

スケープゴートからの選択肢


f:id:OVERDRIVE:20210216154111j:image

f:id:OVERDRIVE:20210216154114j:image

f:id:OVERDRIVE:20210216154118j:image

この3枚はスケープゴート用なので、スケープゴートを採用しない場合必要ないと思われます。

まず、効果モンスターを用意するためにリンクリボー。それと相互リンクして除去するためのセキュリティドラゴン。

もし相手の場に特に除去する必要あるのカードがなければ、マスカレーナを作り妨害を敷くのもありでしょう。マスカレーナがいれば全ての除去持ちトロイメアが妨害効果と化します。

 

 

その他のリンクモンスター


f:id:OVERDRIVE:20210216154353j:image

f:id:OVERDRIVE:20210216154349j:image

ライナは相手に光属性がいる場合にリンク数を増やしやすいので1枚。破壊されてもPSYフレームやキスキルを持ってくることができます。

アクセスコードはもう説明不要でしょう。決め手です。散々出しにくいとは言ってきましたが、必要です。

ただしアクセスコードのみではライフを削り取れないので、イビルツインを残しておく必要があります。イビルツインの蘇生でリンク数は増やせますが悪魔族縛りがつくのでアクセスコードはやはり出しにくい…

楽にリンク数増やすカード私のデッキにはイヴリースしかないので…

 

 

 

サイドデッキについて

私は大会になかなか行かないのでサイドデッキに関しての知識はほぼありません。

なのでイビルツインがきついカードへの対策札くらいしか説明できません。ごめんなさい。

 

Evil★Twins キスキル・リィラ

f:id:OVERDRIVE:20210216155143j:image

かわいいから採用!

ではないんですよ。

主な役割は火力要員。パスフレーズでのサーチが可能なので高速でライフを削りたいエクストラデュエルで主に採用します。

突然湧いてくる4400は魅力だと思っています。

相手の盤面を2枚にする効果は弱くないですがこいつの召喚までにそれらのカードを使われてボロボロになる未来しか見えない。

 

誘発系


f:id:OVERDRIVE:20210216155421j:image

f:id:OVERDRIVE:20210216155431j:image

f:id:OVERDRIVE:20210216155424j:image

f:id:OVERDRIVE:20210216155427j:image

なんか強そうだから。

除外多いからロンギヌス、ドライトロンみたいなサーチ過多にはドロバ、ワンチャン居そうな展開系と抹殺用にニビル、墓地起動だるいからスカルマイスター。

ここら辺は環境によって変わるからなんとも。

 

除去


f:id:OVERDRIVE:20210216155724j:image

f:id:OVERDRIVE:20210216155717j:image

f:id:OVERDRIVE:20210216155721j:image

ガダーラは結界像に属性を合わせただけで役割は他の壊獣と変わらない。

ライトニングストームとハーピィの羽根箒は強い全体除去なので採用、でもくらうときついから抹殺もする。

頭が悪い。

 

詰み防止


f:id:OVERDRIVE:20210216155854j:image

f:id:OVERDRIVE:20210216155857j:image

イビルツインは、M・HEROダークロウやエルシャドール・ミドラーシュみたいなカードが大嫌いです。もう全てが破綻します。

そう言った連中への対策ができて妨害にもなりうるため、この2枚を採用しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他採用検討カード

f:id:OVERDRIVE:20210216160212j:image

幽鬼うさぎ

環境によって。


f:id:OVERDRIVE:20210216160215j:image

サイバネット・マイニング

ハンドコストは必要なもののキスキルかリィラをサーチ可能。

私の場合はイヴリースも持って来れる。

イヴリースないならエントランスでいい。


f:id:OVERDRIVE:20210216160219j:image

Evil★Twin チャレンジ

最初のターンでライゴウ出しつつチャレンジで墓地のリンクイビルツイン釣って展開を復活させられる。

パスフレーズでサーチ可能。

やはり素引きが敵。

 

f:id:OVERDRIVE:20210216160350j:image

パラレルエクシード

お手軽リンク数増やしマン。

入れない理由思いつかないけど私のデッキ枠いっぱいで入らん…

 

f:id:OVERDRIVE:20210216162044j:image

金満で謙虚な壺

ランダム性のある強欲で金満な壺は論外ですが、コストを選べるこちらは採用圏内です。スケープゴートセット等を飛ばして初動や指名者の確保が可能。

ただしドローができなくなるため、キスキルの強みが薄れます。

 

f:id:OVERDRIVE:20210216161955j:image

闇の増産工場

場のリンク体を墓地に送りつつ手札補充が可能。

罠じゃなきゃ入れてたかも。

 


f:id:OVERDRIVE:20210216160412j:image

f:id:OVERDRIVE:20210216160405j:image

f:id:OVERDRIVE:20210216160408j:image

コードトーカーセット

ライブツインのキスキルとリィラで2体のサイバースが揃うためメイジにして、先攻ならヒートソウル、後攻ならトランスコードからアクセスコードが可能。

これやんならコードトーカー握る。

一応スケープゴート枠抜けばエクシードと併せてこれらを入れられる。

 

 


f:id:OVERDRIVE:20210216160546j:image

f:id:OVERDRIVE:20210216160537j:image

f:id:OVERDRIVE:20210216160543j:image

f:id:OVERDRIVE:20210216160540j:image

f:id:OVERDRIVE:20210216160533j:image

レインボーネオス欲張りセット

ライブツインのキスキルとリィラで2体が揃うためアナコンダレインボーネオスできる。

サイドプランの一つとして考えてもいい。

私はネオス素引き多発で萎えた。

たぶんイビルツイン単体のデッキではなく、エルドリッチなどの混ぜ物で真価を発揮するセットだと思う。(実際身内にそういう人がいました)

 

 

 

 

 

 

今回は私のイビルツインについて語りました。

正直他人のイビルツインは全く知らないし私独自のデッキなので参考になるかも怪しいですが、Twitterの方でイビルツインに関するツイートを見たので描こうと思いました。

私はイヴリースが大好きで、イヴリースを使って勝つことが私の目的なのでイヴリースを使えるデッキはないかと模索している中でイビルツインに到達しました。

実際イビルツインとイヴリースの相性はよく、リンク数を増やしにくいイビルツインにおいて、一気に2〜3体分のリンク素材を増やせるイヴリースは強いんです。

ただ、それはキスキルとリィラの展開が通ってる前提で、彼女一人では何もできない。だからエクシードとかの方が優先されがちなんです。私はどうしても使いたいので使いますが。

罠型なのはイビルツインのみでは妨害が足りなかったからです。

継続的にドローと破壊ができるデッキなので強いです。しかし弱点が多い。誘発一発が重いしミドラーシュとか出たら発狂。

そこら辺はサイドデッキでなんとか…って感じです。

イヴリースを救った二人と機界騎士について

f:id:OVERDRIVE:20200918140018j:image

今イビルツインが熱い!!!!!

 

 

f:id:OVERDRIVE:20200918140109j:image

 

 

※イラストの元ネタは「マリオ&ルイージRPG ペーパーマリオMIX」です!みんな、やろう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうもおそらく多分高確率でこんばんは、ぐっちーです。

今日は機界騎士とEvil★Twinの話をします。

 

9月に発表された10月からの制限改訂で、《宵星の騎士ギルス》が制限にされることが発表されました。

 

知ってたけどいざ制限になると悲しいです。

あまりの悲しさに中指を立て全裸になって発狂してしまいました。

ファッキングブレイク。

 

f:id:OVERDRIVE:20200918151114j:image

 

賢い機界騎士使いの方は後攻型作れば良い、そう考えるでしょう。

そういうわけにもいかないのです。

 

大前提として、私は夢幻崩界イヴリースを使うことに囚われており3枚積む以外の思考を持ち合わせていません。(さすがにサイバネット・マイニングは入りません)

そして機界騎士においてイヴリースを使う場合先攻型でないと、「自ら縦列を作り蒼穹の発動条件を満たす」ことの意味が薄れます。

なぜなら、後攻型では《海亀壊獣ガメシエル》などの壊獣モンスターで相手モンスターをリリースして縦列を作った方が圧倒的に良いからです。

後攻のイヴリースができることは、《リングリボー》を立てて罠を牽制する程度。

なので先攻型でやりたいのです。

しかしギルスが減ってしまっては先攻で縦列を作る手段が減ります。

制限発表当日、この事実を知った私は絶望し、全裸でツイキャスをしていました。

 

 

だが、まだ希望を捨ててはいけない…

ギルスほど強くなくても、1枚から縦列を作れてアドを生めるもの…

人から提案されたものですが、希望を見つけたのです。

 

Live☆Twin キスキル

f:id:OVERDRIVE:20200918174705j:image

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:自分フィールドに他のモンスターが存在せず、このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。手札・デッキから「リィラ」モンスター1体を特殊召喚する。②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手モンスターが攻撃宣言する度に、自分は500LP回復する。

 

Live☆Twin リィラ

f:id:OVERDRIVE:20200918174715j:image

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:自分フィールドに他のモンスターが存在せず、このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。手札・デッキから「キスキル」モンスター1体を特殊召喚する。②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手は500LPを払わなければ攻撃宣言できない。

 

Evil★Twin キスキル

f:id:OVERDRIVE:20200918174726j:image

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:自分フィールドに「リィラ」モンスターが存在し、このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。②:自分フィールドに「リィラ」モンスターが存在しない場合、自分・相手のメインフェイズに発動できる。自分の墓地から「リィラ」モンスター1体を選んで特殊召喚する。このターン、自分は悪魔族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

 

Evil★Twin リィラ

f:id:OVERDRIVE:20200918174735j:image

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:自分フィールドに「キスキル」モンスターが存在し、このカードが特殊召喚に成功した場合、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。②:自分フィールドに「キスキル」モンスターが存在しない場合、自分・相手のメインフェイズに発動できる。自分の墓地から「キスキル」モンスター1体を選んで特殊召喚する。このターン、自分は悪魔族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

 

ようやく本題です。

イヴリースを活躍させるための大会用デッキ、イビルツイン機界騎士について説明します。

 

 

 

イビルツインとトロイメア

イビルツインとイヴリースおよびトロイメアの関係について最初に話します。

まず、イビルツインの下級であるLive☆Twinはサイバース族のレベル2モンスター…イヴリースも同じです。

ぶっちゃけこのデッキにおいてはそれは関係ありません。

EXデッキのEvil★Twinモンスターはリンクモンスターかつ悪魔族、しかもリンクマーカーが横と下。

トロイメアのリンクモンスターは悪魔族で、上と横のマーカーを持つモンスターが多い。

そしてどちらも素材指定がゆるゆる。

 

結構似ているんですよね。

しかし似ているだけでは強みになりません。

この二つを合わせることによる強みを説明します。

 

Live☆Twinはキスキルorリィラ1枚は場に何もいない場合デッキから相方を展開し、場に2体並べます。

その2体によって召喚されるEvil★Twinは場に相方がいない場合墓地から相方を蘇生することができます。

この効果を利用すると、

 

☆キスキルor☆リィラ通常召喚→相方リクルート→★キスキルor★リィラリンク召喚→相方蘇生→蘇生した方と同じ名称のEvil★Twinリンク召喚→相方蘇生

 

と言ったようにリンクモンスターを2体展開できます。

さらに、Evil★Twinのキスキルとリィラには相方がいる場合に発動できる効果があり、キスキルなら1ドロー、リィラならフィールドのカード1枚を破壊できます。

先攻の場合はキスキルリンク召喚→リィラリンク召喚→キスキル蘇生と繋いでドローを狙いましょう。

 

しかもその後キスキルを残してリィラを墓地におけば相手ターンにリィラを蘇生することで妨害も行えます。

なんと、蘇生効果相手メインフェイズでも打てるんです、強い。

このように1枚から1枚ドローと1枚破壊、2つ以上のアドバンテージを生み出せます。

素晴らしい!!!!!!!!!!

 

召喚権は消費していますが、特殊召喚効果を持つモンスターを持っていれば、リンクのキスキルとリィラが並んでいるときに特殊召喚し、どちらかとリンクすることでリンク2〜3を出しつつ墓地にリンクモンスターを置くことができます。

これらを相手ターンに蘇生することでデッキを掘っていけたり妨害できたりするわけです。

しかし蘇生効果を使うとそのターンは悪魔族しかEXデッキから展開できないため、出せるリンク2〜3は限られます。

あれ?悪魔族リンク2〜3…

 

ご存知トロイメアだ!

他にもいるよ

 


f:id:OVERDRIVE:20200918174443j:image

f:id:OVERDRIVE:20200918174452j:image

f:id:OVERDRIVE:20200918174448j:image

???「おれもいるぞ!(投獄済み」

 

これらはキスキルorリィラを墓地に起きつつ、キスキルorリィラのリンク先に出すことが出来ます。

リンク2のトロイメアは相互リンクの場合に自分の場のリンクモンスターに耐性を付与できるので、相性がとても良いです。

 

そして何よりトロイメアもイビルツインもイヴリースの出番を増やしてくれます。

先攻でイビルツインを展開し、墓地にリンクモンスターがたまると、2ターン目以降でイヴリースの①の効果を使用可能になります。

そこからトロイメアを展開するも良し、リンク4のアクセスコードになるも良し。

イビルツインは、イヴリースが「いきなり高リンクに繋がる強いカード」になれる状況を簡単に作れるのです。

また、イヴリースでキスキルかリィラを蘇生し、再びキスキルかリィラを蘇生すれば、場にイビルツインが無くなってしまっている状況でも再びイビルツイン展開へ持っていくことができます。(リンクモンスターの複数採用前提ですが)

 

イビルツインとトロイメアの組み合わせがベストマッチな理由について理解いただけたでしょうか…?

理解してもらえたら幸いです。

 

f:id:OVERDRIVE:20200918182544j:image

「…………………」

 

 

 

 

 

 

 


f:id:OVERDRIVE:20200918182757j:image

f:id:OVERDRIVE:20200918182749j:image

f:id:OVERDRIVE:20200918182753j:image

f:id:OVERDRIVE:20200918182820j:image

f:id:OVERDRIVE:20200918182811j:image

f:id:OVERDRIVE:20200918182816j:image

f:id:OVERDRIVE:20200918182943j:image

f:id:OVERDRIVE:20200918182952j:image

f:id:OVERDRIVE:20200918182948j:image



ジャックライズ!

 

 

 

機界騎士とトロイメア

前回の記事で述べた、イヴリースの活用法が全てです。

機界騎士に関する説明は…割愛したらまずいので説明します。

 

蒼穹の機界騎士は自身と同じ縦列の相手の場にカードがある場合、その数までジャックナイツをサーチできます。

イヴリースとのコンボや何か伏せて縦列作ってようやく1枚、2ターン目以降運良けりゃ2枚って感じですね。

レベル5だからうららからサベージとかいける(やらない)

 

紫宵の機界騎士は場のジャックナイツを次の自分スタンバイフェイズまで除外しジャックナイツをサーチします。

ジャックナイツを次のターンに残しておけるので、場が壊滅してもその除外したやつとサーチした機界騎士で戦えます、たぶん。

主に自身を除外します、蒼穹引けなかった場合はこいつ除外して代用。

 

宵星の騎士ギルスは星遺物を落とす効果とトークンを生み出す効果を持ちます。

星遺物を落としてリイヴの召喚条件を満たすわ、自分の場にトークン出してリンクの準備するわ、相手の場にトークン出して機界騎士呼べるようにするわでやりたい放題の強すぎカード。

明らかに調整ミスとしか思えない効果により制限。

 

紅蓮の機界騎士は縦列のモンスターを除去します。

これが地味につよい。

素引きするの萎える。

 

黄華の機界騎士は紅蓮と似た効果で、こちらは魔法罠の除去。

フィールドの形の関係でフィールド魔法のみ割れません。

が、伏せを割れたり使わせたりするからそれでも十分つよい。

 

紺碧の機界騎士はなんか移動するやつ。

単体では弱い。

素引きするの萎える。

 

明星の機械騎士は手札の星遺物かジャックナイツを捨てて星遺物をサーチします。

基本的には後述する《星遺物に眠る深層》をサーチします、星遺物に触れるカードは強い!神子イヴが身をもって証明してくれた…。

②の効果は

このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分の「ジャックナイツ」モンスターは、その縦列と異なる縦列のモンスターとの戦闘では破壊されず、
その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。

という特殊な戦闘耐性。

ジャックナイツを移動させる紺碧を場に出しておくと、相手の攻撃をこいつのみで受け切るなんてこともできる。

 

星鍵士リイヴはデッキから星遺物を伏せるやべーやつ!ちゃっかり縦列を作るな。

墓地に星遺物モンスターがいなければ伏せたターンは使えませんが、機界騎士で伏せるのはだいたい永続罠の深層か速攻魔法の機憶だから誤差。

②の除去はドラグーンすら葬れる強い除去効果!まぁドラグーン・オブ・レッドアイズなんかもうすぐ消えるんだけどな!!!!!!!!!!

f:id:OVERDRIVE:20200918191227j:image

※余命わずか。

リイヴはジャックナイツ名称ではないので機憶発動後に召喚できないのは難点。

 

双穹の騎士アストラムは最強のジャックナイツ。

効果を無効にされない限り、相手が特殊召喚されていればどんな敵にも戦闘では負けません。

また、自身しか攻撃対象にできない効果を持ち、他の機界騎士を守ることもできます。

そのうえ、対象になーらーずー💢

効果では破壊されるがリイヴと同じクソつよバウンスを持つんだよ💢💢

もし相手の盤面に明星とこいつ並んだら泡吹いてしぬ。

 


f:id:OVERDRIVE:20200918185645j:image

f:id:OVERDRIVE:20200918185649j:image

f:id:OVERDRIVE:20200918185641j:image

 

星遺物を継ぐものは死者蘇生です。

強い。

 

星遺物の機憶はジャックナイツ版の禁テレみたいな感じですが制約が重い。

しかしイヴリースを引いて蒼穹か紫宵を引いてないときに重宝するので重要なカード。

深層があるときに持っていても強い。

 

星遺物に眠る深層はジャックナイツ最強の妨害カード。

墓地のレベル5以上を蘇生できる効果も魅力的ですが、注目すべきは②の効果。

②:自分フィールドに「ジャックナイツ」モンスターが存在する限り、そのモンスターと同じ縦列で発動した相手モンスターの効果は無効化される。

ジャックナイツがいる列をスキドレにします。

紺碧の機界騎士と置いておくことで、機界騎士の列を変更し、相手の位置に合わせることができます。

そして何より恐ろしいのが、このカードの裁定です。

f:id:OVERDRIVE:20200918190248j:image

遊戯王OCG公式より。

《スキルドレイン》はフィールドのモンスター効果を無効化するのみなので自身をコストでリリースしたり墓地へ送って発動したりする効果は無効化できません。

しかし、深層はその位置で発動した効果を無効にするので、リリースされてようがジャックナイツと同じ縦列で発動した効果を無力化できます。

リリース系の効果にチェーンして紺碧で移動した場合も同様です。

《ダイナレスラー・パンクラトプス》や《閃刀姫-レイ》といったリリースして発動する強いモンスター効果を無効化できるのは強い。

また、深層の魔法を止めるバージョンである《星遺物の囁き》と罠を止めるバージョンである《星遺物へ至る鍵》も存在しますが、それはよくてサイドデッキ投入なので今回は割愛。

 

基本的に深層をサーチ・セットして妨害を行い、紫宵や蒼穹で後続を確保しつつ、2000以上の機界騎士並べまくって殴り倒すのが今日の機界騎士の基本戦術かなと思ってます。

先攻型なら深層持ってくるのに命かけるし、後攻型でもキルできなかった場合持ってくる必要があると思います。

 

それで、イヴリース関連の話です。

《星鍵士リイヴ》を蘇生し高リンクに繋げることで後で引いたイヴリースを腐らせなくでき、初手にあれば縦列を作り蒼穹へと繋げる。

しかもその後作る《明星の機械騎士》への《無限泡影》を止められ、相手にはリンクモンスターしか特殊召喚できない制約がかかる。

相性はかなり良いです。

しかしギルスが減ったことでリイヴが墓地へ行きにくくなり、後で引くイヴリースは腐りやすくなる。

…はずだった。

 

 

 

 

機界騎士とイビルツインとトロイメア

OOOのサブタイトルじゃん。

 

では、機界騎士とイビルツインの組み合わせの何が良いのかについてです。

前回の記事で述べたとおり、機界騎士は通常召喚権を割く対象が比較的少ないテーマです。

また、上級モンスターは「縦列に2枚のカードがある状況」を必要とする特殊な召喚条件を持ちます。

縦列さえ作れればバンバン展開できるわけです。

 

f:id:OVERDRIVE:20200918174715j:image

※私はリィラ派。

イビルツインは召喚権を必要としますが一気にカードを増やすことが可能です。

EXモンスターゾーンを使うので手札に魔法・罠カードがあればそれを伏せて縦列を作れます。

ないならキスキルのドローに賭けてみましょう。

私のイビルツイン機界騎士には《神の宣告》や《王宮の勅命》といった罠カードを採用しているので、それらが引けるかもしれないという点でもキスキルのドローはありがたいです。

誘発引いても強いし、1ドローは偉大。

 

f:id:OVERDRIVE:20200918174726j:image

※とみせかけてリンク体はキスキル派。

1枚モンスターをある程度展開しつつ、ドローや破壊を行えるイビルツインは、ギルスの代わりにはならなくても初動としてある程度優秀な気がします。

機界騎士は簡単に特殊召喚できるためキスキルorリィラを墓地に送りトロイメアになる動きがやりやすく、《紫宵の機界騎士》を引いていれば次のターンのリソースを残しつつトロイメアを出すことができます。

 

f:id:OVERDRIVE:20200918190905j:image

※イヴリースと同期。FLAMES OF DESTRUCTIONはヤバいですね。

また、イビルツインに《灰流うらら》や《無限泡影》などのカードを使われた場合、それらを《転生炎獣アルミラージ》にすることでEXモンスターゾーンにカードを置き、縦列を作ることが可能です。

緊急で《明星の機械騎士》になることもできなくはないのです。

《増殖するG》を打たれたら相手の口にゴキブリを突っ込んでやりましょう。

 

f:id:OVERDRIVE:20200918182544j:image

※こいつは強い。

トロイメアは除去効果を持つものが多く、2ターン目に真価を発揮するパターンも存在します。

手札コストを1枚要求しますが、相互リンクしていればその後1枚ドローするので実質手札交換しながら除去となります。

相互リンクはイビルツインを利用して上手く作りましょう。

現在使用できるトロイメアの中ではリンク4の《トロイメア・グリフォン》のみ除去を持ちませんが、代わりに墓地の魔法・罠カードをセットできるので妨害罠や星遺物系の蘇生カードをセットすると良いでしょう。

 

f:id:OVERDRIVE:20200918191023j:image

Vtuberみたいで最初はあんま好きじゃなかったです…。

これらを合わせるデメリットとしては、双方何かしらの制約を持つカードがあることです。

リンクモンスターのキスキルとリィラは蘇生効果を使うと悪魔族しかEXデッキから出せなくなり、明星やリイヴを召喚できなくなります。

「デッキから特殊召喚」の効果を持つこの2枚のカードはさらに厄介で、機界騎士側の《星遺物の機憶》は、発動後にジャックナイツしか特殊召喚できない制約を持ち、イビルツイン側の《Live☆Twin エントランス》は発動後EXデッキからイビルツインしか出せない制約を持ちます。

なので、先攻ではどちらか一方の展開しかできないというのがデメリットです。

しかしどちらかが通れば1妨害以上は確定するので、リンクキスキルorリィラの蘇生効果や紫宵を使ってリソースを残し、汎用罠や手札誘発で相手の展開を止めていきましょう。

 

f:id:OVERDRIVE:20200918191048j:image

「稲妻十字空烈波!(サンダークロススプリットアタック)」

余談ですが、イビルツインにはドラグマと合わせるタイプもあります。

しかし、向こうはドラグマの縛りのせいでトロイメアを作りづらい印象がありますので、私はトロイメアを作りやすいこちらを推してます。

こちらの方がイヴリースが活躍させやすいので…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という感じで今回はおしまいです。

強さをある程度求めつつイヴリースを活躍させるための手段なので、少し変わったデッキタイプの一つだと見ていただければ…!

機界騎士やイビルツインにはもっと適正の構築があると思いますし。

ですがこの組み合わせが弱いというわけではなく、全然強いです。

少なくとも「俺はYCSJ33位の成績だ、俺はCSベスト8を二連続で取ったんだ!」とか言う猿を黙らせるくらいの強さはあります。

軽ーく説明はしたので、次回はデッキレシピを挙げつつ話をしていきますね。

 

今回書き忘れた点が後で見つかるかもしれませんし。

それでは、良きイヴリースライフを。

 

f:id:OVERDRIVE:20200918191123j:image

やっぱりイヴリースが一番美しいな、最高だなぁ。

現環境において夢幻崩界イヴリースを活用する方法について

リニューアル後初の記事です。

現環境でイヴリースを使う方法についてです。

 

まず、イヴリースの効果を知らない人のためにイヴリースの効果を…

f:id:OVERDRIVE:20200918125629j:image

効果モンスター
星2/闇属性/サイバース族/攻 0/守 0
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚に成功した時、自分の墓地のリンクモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力を0にし、効果を無効にして、このカードとリンク状態となるように自分フィールドに特殊召喚する。

②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードのコントローラーはリンクモンスターしか特殊召喚できない。
③:このカードが自分フィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。このカードを相手フィールドに守備表示で特殊召喚する。

 

2020/09/15現在、遊戯王OCGの大会環境はかなり混沌としています。

【教導】系統のデッキ、【エルドリッチ】系統のデッキが若干多いと感じますが、それ以外にも【オルターガイスト】【閃刀姫】【転生炎獣】【サンダー・ドラゴン】などなど色々あります。

上記6つのデッキのうち、イヴリースを難なく使えるデッキは転生炎獣くらいです。

その転生炎獣も、貴重な召喚権をイヴリースに割く余裕があるかというと怪しい気がします、ファンデッキとしての転生炎獣しか組んでないエアプなんでわかりませんが。

 

では、難なく使えるデッキとはなんなのか。

自分が思いついたものを3つほど紹介させていただきます。

 

f:id:OVERDRIVE:20200918125655j:image

機界騎士(ジャックナイツ)

機界騎士(ジャックナイツ)は、上級モンスターを特殊召喚して戦うデッキ。

上級モンスターたちは

このカード名の①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。①:同じ縦列にカードが2枚以上存在する場合、このカードはその縦列の自分フィールドに特殊召喚できる。

という共通の効果を持ち、それを使って星遺物関連のカードをサーチし妨害を構える、というのが今日の機界騎士の基本的な戦い方です。

この時点では召喚権を使う気配がありませんが、《宵星の騎士ギルス》とかいうバカ強い激ヤバカードは☆4なので召喚権を使います。

ではイヴリースに割く余裕があるのか?

 

あるんです。

機界騎士には先攻型と後攻型が存在します。

先攻型は相手フィールドにカードを出して無理やり縦列に2枚ある状況を生成し、機界騎士と同じ縦列のモンスター効果を無効化する永続罠《星遺物に眠る深層》を用意したり、初手に引いていた神の宣告などの妨害罠カードをセットしデュエルを有利に進めるもの。

後攻型は相手が既に展開したカードを利用して縦列2枚の状況を作り、攻撃力の高い機界騎士を展開して相手の盤面を壊滅させるもの。

 

《リングリボー》の存在があるためイヴリースは後攻でも強いですが、彼女の③の効果を活かすため私は先攻型を採用しています。

③の効果で能動的に縦列を生成し、手札の機界騎士と合わせて《明星の機械騎士》や《星鍵士リイヴ》をリンク召喚して星遺物へアクセスします。

相手のフィールドのイヴリースは相手のカードとして扱うので、《蒼穹の機界騎士》のサーチ効果も使えます。

 

しかし、ギルスにも似たような効果が備わっています。

向こうはトークンを生成することで相手の場にカードを作り縦列を生成します。

その上こっちにもトークンを出すし星遺物を落とすこともできるので、基本的にはこちらを優先します。

それによってイヴリースの出番が消える…なんてことはなく、先述したとおりギルスくらいしか召喚権を使わないので、イヴリースを通常召喚し①の効果を使用できます。

ギルスの基本展開ではリンク2のリイヴを使用するので、それを蘇生してリンク3の《トロイメア・ユニコーン》や《トポロジック・トゥリスバエナ》、リングリボーやアルミラージを挟んで《星杯戦士ニンギルス》など強力な除去効果を持つリンクモンスターへ繋ぐことができます。

基本的にはこんな感じなので、さらに詳しいことは機界騎士に関する記事で書くことにします。

 

 

 

 

 

f:id:OVERDRIVE:20200918125705j:image

コード・トーカー

コード・トーカーは、《マイクロ・コーダー》をはじめとした手札からリンク素材にできるモンスターを使い「コード・トーカー」と名のつくモンスターを展開して戦うデッキです。

《サイバネット・コーデック》からサイバース族のモンスターを連続でサーチしエクストラリンクを行うタイプと、《デコード・トーカー・ヒートソウル》でドローしたり《サイバネット・コンフリクト》をサーチし妨害を構え次のターンに《アクセスコード・トーカー》で相手を葬る罠型の二つがよく目にするデッキタイプですね。

イヴリースはサイバース族なのでコード・トーカーに入りがちなサイバース族サポートカードの恩恵を受けることができます。

エクストラリンク型であればエクストラリンク+イヴリースの盤面で実質的に相手の特殊召喚を封じることができますし、罠型であれば早めに送りつけることで《トランスコード・トーカー》や《スプラッシュ・メイジ》に対する《無限泡影》を回避できます。

また、コード・トーカーは基本的に5体以上のモンスターを展開するので《原始生命態ニビル》の存在が非常に厄介です。

しかし、イヴリースを送りつけておくとニビルを特殊召喚できないので、楽に展開できます。

正直、コード・トーカーに関してはファンデッキとしての知識やエクストラリンク型の知識しかないのでこの辺で語るのはやめておきます…

 

 

 

 

f:id:OVERDRIVE:20200918125714j:image

未界域

未界域は、大量展開を得意とするテーマです。

全ての未界域モンスターは、

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:手札のこのカードを相手に見せて発動できる。自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。
それが「(この効果を発動したカードと同名カード)」以外だった場合、さらに手札から「(同名カード)」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。
②:このカードが手札から捨てられた場合に発動できる。(それぞれの固有効果)

 

 

このような効果を持っており、なんと①の特殊召喚効果は何度でも使えます。

頭悪い。

 

そして②の効果も自分に有利なものばかりで、例えば《未界域のジャッカロープ》の場合は未界域をデッキから特殊召喚、《未界域のネッシー》の場合は未界域サーチ、《未界域のツチノコ》に至っては捨てられた場合に特殊召喚なのでどうあがいても特殊召喚されるとかいうよくわからない状況が発生します。

これにより大量展開を行い、《召命の神弓-アポロウーサ》など制圧効果を持つモンスターを展開し封殺しにいきます。

《マジックテンペスター》を使用して先攻1ターンキルを行うこともできるそうですが、それには詳しくないのでここでは語りません。

 

未界域も、通常召喚を行うことが少ないテーマです。

そして、展開を行うためニビルにめちゃくちゃ弱いです。

そのため、ニビルケアとしてイヴリースを採用したり、エクストラリンク後に送りつけるためにイヴリースを採用可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず3つほど挙げてみました。

これらはそれなりのパワーを兼ね備えており、大会での運用が可能かつイヴリースを活躍させられると判断したため紹介しました。

大会用でなければ、イヴリースを使えるデッキの幅も広がります。

例えば@イグニスターやEvil★Twin、鉄獣戦線などはイヴリースで蘇生できるモンスターが展開中に墓地へ行ってくれるので、イヴリースが採用できます。(イヴリースを使いたくて仕方がない私ゆえの発想なので、純粋な強さを求めると入らないと思います)

 

現在私は機界騎士でイヴリースを使用しているので、次回は私の機界騎士の紹介と自論になると思います。

それではまた次の記事で!

ごあいさつ

どうも

ぐっちーと申します。

 

好きなカードは夢幻崩界イヴリース!

f:id:OVERDRIVE:20180410173147j:image

悪堕ち・闇堕ちが大好き!

 

 

 

もう既に遊戯王ブログといえばたくさんありますし

私が有益な情報を発信できるかはわかりません。

つか無理です、情弱故にCS情報や大会情報は得られないので

 

では何が出来るか、自分なりに考えてみました。

イヴリースに関してひたすら書き続ける!!!!!

 

私にできることはそれくらいです。

ここはイヴリースの活用法を模索するところです。

それ以外の新規考察はたぶんしません。

実用的なものからよくわからないものまで色々紹介します。

よろしくお願いします。